太陽光発電を設置した家を売却する時の手順や注意点

家を売るQ&A

売主さん
太陽光発電を設置した家を売却することはできるの?
売主さん
太陽光発電を設置した家を売却するために必要な手順や手続きは?

投資目的で自宅に太陽光発電を設置したものの、事情で家を売却しなければならなくなったということもあるでしょう。

みさえ
この記事では、太陽光発電を設置した家を売却するときの手順や注意点についてご説明します。

太陽光発電は引越し先に移設できる?

売主さん
 せっかく設置した太陽光発電システム。できることなら引越し先に移設したいんだけど?
みさえ
お気持ちは分かります。しかし、一度設置した太陽光発電を移設することは現実的ではありません。

コスト面からいえば、

  • ソーラーパネルやパワーコンディショナーの取外し・運搬費用
  • 器材を取り外した後の、屋根や壁のリフォーム費用
  • 新居への再設置費用

ざっと見てみてもこれだけの費用がかかります。
簡単に見積ったとしても、100万円以上のコストがかかることが想定できます。

また、手続きや補償面でいうと、

  • 再設置ではメーカー保証が受けられない
  • 電力会社との再契約が必要

など面倒な手続きも多くなり、
コストやリスクを考慮すると、再設置のメリットよりもデメリットの方が多くなってしまいます。

みさえ
太陽光発電を設置した家を売るときは、購入者へ引き継ぐのが良い選択といえます。

太陽光発電を設置した家を売るときの手順

みさえ
太陽光発電を設置した家を売却する手順は以下の通りです。
  1. 経済産業省へ軽微変更届にて所有者の変更をする
  2. 電力会社へ連絡し、電灯契約者と振込先口座の変更をする
  3. J-PECへの財産処分承認申請をし承認を得る

1.経済産業省へ軽微変更届にて所有者の変更する

電力会社との間の契約変更手続を進めるためには、
軽微変更届出を行ったことを証明する書類を電力会社に提示する必要があります。

そのため、経済産業省へ軽微変更届出を行い、所有者の変更をしてもらいます。

電力会社へ連絡し、電灯契約者と振込口座の変更をする

現在、契約中の電力会社へ連絡を取り、電灯契約者と振込口座の変更をします。

なお、太陽光発電設備を設置した家を売却や譲渡した場合でも、売電価格はそれまでの価格を引き継ぐようになっています。

3.J-PECへの財産処分承認申請をし承認を得る

公的な補助金を受け取って、自宅に太陽光発電を設置した場合には、

補助金を受けた場合、法定耐用年数(17年)の期間は補助対象システムを保守・管理する必要があり、補助対象としたシステムに関し、その全部または一部を取り外す、または手放すなどの処分する場合は、申請が必要です。この手続きについては、補助金の一部返還を伴います。

引用:JPEA 太陽光発電協会 財産処分承認申請の手続きについて

とあります。

みさえ
「補助金を受けて太陽光発電を設置したのだから、法定耐用年数の17年間はきちんと保守・管理してね」ということです。

なので、家の売却などにより管理者が変わる場合は、きちんと申請して承認を受ける必要が出てきます。

また、都道府県や市区町村から受給した補助金については、各自治体の規定に従うことになります。

補助金を返還しなければならない場合も?

期間内の処分(売却)については、「補助金の一部返還を伴います」とあります。

条件によっては、法的に定められた計算方法によって算出された返還金を納めなくてはいけませんので注意してください。

また、処分の申請は、必ず家の売却前に行わないといけませんので、
担当の不動産会社などによく相談し、手続きは忘れないようにしてください。

 

太陽光発電を設置した家の査定価格に違いはあるの?

売主さん
太陽光発電を設置した家は高く売れるの?

太陽光発電を設置した家の売却価格は高くなるのか?
という点ですが、

設置後、比較的新しい太陽光発電システムであれば
それなりの評価がされることが考えられます。

  • 月々にどのくらい光熱費の節約が出来ているのか
  • 売電による収入がどのくらいあるのか

などが、査定をする不動産会社に評価されれば、
査定額に上乗せされることもあるでしょう。

逆に設置から10年以上経っているようであれば、
メンテナンス費用がかかることを考慮して、評価がマイナスになることもあります。

 

まとめ

太陽光発電を設置している家の売却には、面倒な手続きが伴います。

手続きについて色々調べてみても、行政のホームページなどは堅苦しい言い回しも多く、理解に苦しむこともあります。

自分自身で調べながら進めていくよりも、早めに不動産会社に相談をして家の売却を進めていく方法が、一番早くて簡単です。

まずは、信頼できる不動産会社探しから初めてみてはどうでしょうか。

⇒家を高く売るコツ.comトップへ

 

家を高く売るなら不動産一括査定

私が働いている不動産会社にも、不動産一括査定経由のお客さまが多くいらっしゃいます。

お客さまが口を揃えておっしゃるのが、

不動産会社によって査定価格が全然違う・・・

ということ。

中には極端に安く見積る会社もあって、「何も知らないであそこに売ってたら大変なことだった」と、ヒヤッとされるお客さまも。

そうならないためにも、家や土地などの不動産を売却するときには、必ず複数の不動産会社から査定をしてもらうことがとても大切です。

不動産会社の立場から言えば、直接お店に来店いただければ嬉しいところですが、査定依頼を1件1件不動産会社を回ってやっていくのは大変です。

好きな不動産会社を複数選んで簡単に一括で査定依頼ができる、不動産一括査定がやっぱり便利ですね。

そこで、不動産会社の登録が多く、使いやすくて安心できる不動産一括査定をおすすめ順に並べてみました。家の売却を検討する際にはぜひ参考にしてください。

イエウールLP

国内最大級の不動産一括査定サイト
利用者数450万人超のイエウール

イエウールは登録不動産会社約1,200社、利用者数のべ450万人を超える国内最大級の不動産一括査定サイトです。

大手不動産会社も多数登録。悪質な業者は審査によって排除されているので安心です。

不動産一括査定サイトの中では比較的新しいサイトですが、登録されている不動産会社は一番多く、選択肢の多い点が魅力です。

 

HOMES4ULP

株式会社NTTデータが運営するHOME4U

HOME4Uは、株式会社NTTデータが運営する不動産一括査定サイトです。

一部東証上場企業であり、NTT関連の会社ですので安心感があります。国内初の不動産一括査定サイトで、15年以上の運営実績があり、信頼度は抜群です。

売却査定数も累計20万件を突破していて実績も申し分ありません。

 

イエイLP

最大6社分の査定書を即日取り寄せ
可能なイエイ

イエイは、運営歴8年以上、登録不動産会社数1,000社以上、利用者数300万人以上と実績としては申し分ない不動産一括査定サイトです。

「イエローカード制度」という制度があり、利用者から苦情の多かった不動産会社は登録を抹消されますので、安心度の高い点もポイントです。

 


PAGE TOP