家を高く売るための3つのポイント

家を高く売るコツ。家を高く売るために 知っておきたい3つのポイント

  • せっかく家を売るのなら1円でも高く売りたい
  • お金が必要だから絶対損をするような売り方はしたくない
  • 少しでも残った住宅ローンの足しになるように高く売れないものか

せっかく家を売るなら1円でも高く売りたい。
家を売るときには、誰しもが必ず思うことです。

みさえ
でも、実際は相場よりも安く売ってしまい損をしている売主さんが多いのが現実です・・・

不動産取引には相場というものがありますので、相場よりも500万円以上高く売れるということは、現実的にはありえません。

しかし、相場の価格で売れていたのに相場より低い価格で売却してしまい、損をしている売主さんが多いもの事実です。

なので、家を売るときは「どうしたら家を高く売ることができるのか?」という知識を事前に頭に入れておくことが大切です。

みさえ
家を高く売りたいのなら不動産会社のいいなりになってはいけません。家の売却についての正しい知識を身に付けてください。

あなたが、少しでも高く持ち家を売りたいというのであれば、以下の3つのポイントは必ず押さえておきましょう。

 

家を高く売るための3つのポイント

● 売却期間には余裕を持つこと

● 家を高く売るためには不動産会社選びが最重要ポイント

● 物件の魅力を最大限に引き出す工夫をすること

 

1.売却期間には余裕を持つこと

不動産取引というものは、売主さんと買主さんのめぐり合わせです。
売却にかける時間に余裕があると、相場より多少高くても買いたいというお客さんが現れる確率は高くなります。

みさえ
ただし、売り出しから成約までの期間が長くなりすぎるのはNGです。売れ残っている不人気物件と買い手が思ってしまう可能性が出てくるからです。

ここでいう売却期間に余裕を持つということは、慌てて売らなければならない状態で売りに入らないということです。

売却期間の余裕が無いと、強引な値引き交渉に応ぜざるをえません。また、焦りで冷静な判断ができなくなってしまうこともあります。

不動産取引は売り手の思いもよらない長期戦になることもあります。

余裕を持っていたつもりがなかなか売れず、最後には安く叩き売ってしまった・・・

これが、家を売るときに損をするパターンのひとつです。

家を高く売りたいのなら即行動するべきです。悩んでいる間に、理想の買主さんを逃してしまう可能性もあるのですから。

みさえ
「あと1ヶ月早ければ、好条件で売れていたのに・・・」
このようなケースもあることを覚えておいてください。

 

2.家を高く売るためには不動産会社選びが最重要ポイント

不動産会社なんかどこも一緒だろ?なんて思ってはいけません。

あなたの家が高く売れるかどうかは、よほどの人気物件でない限り、あなたの家の売買を担当する不動産会社や担当営業マンに100%左右されるといっても過言ではないのです。

それほど、家を売るときに担当をしてくれる不動産会社は重要な存在です。

家の売却を親切な不動産業者に頼んでも、不親切な不動産業者に頼んでも、支払う仲介手数料は同じです。それならば、誠実な不動産会社を見つけたほうが、満足できる不動産売買ができるはずです。

 

必ず不動産会社は競合させて比較することが大事

仲介をお願いする不動産会社を決める際には、必ず複数の不動産会社の話しを聞いてみてから決めるようにしてください。

なぜなら、不動産会社によってあなたの物件に対して持つ印象が変わるからです。

これは人間の第一印象とも似ている感覚です。不動産会社によって物件に対する好みのような感覚があります。これは不動産会社が取り扱う物件に対しての、得意不得意のイメージから起こる現象です。

当然のことながら、物件の評価額(査定額)も不動産会社によって大きく開く場合があります。数百万単位で査定額が違うことも、この業界では特にめずらしいことではありません。

みさえ
でも、同じ物件なのに査定額が大きく違うっておかしいと思いませんか?実は不動産会社によって査定額が違う理由は3つあります。

 

信頼できる取引事例データを持っている

不動産会社に家の査定依頼をする女性

不動産会社によっては、取引事例を自社独自のデータベースとして保存し、徹底的にそのデータを分析して、売却活動に取り入れている会社があります。

そのため、類似する立地や物件の過去の取引事例から、このくらいの売り出し価格なら最高値で売れるというデータにもとづいた根拠を持っている不動産会社もあるんですね。

また、人気の不動産会社には、「このエリアの物件は出てませんか?」などの問合わせが頻繁に来ています。一般の方には分かりずらいですが、不動産には潜在的な顧客が多く存在するエリアというものが必ずあるんですね。

そして、問合わせの多いエリアの物件は、少々高い価格で売り出しても売れるということが、不動産屋には体感的に分かっています。

そういった不動産会社の査定額は、最高値で売れるギリギリの価格を出してきますので、査定額が高めになりますし、実際にその価格帯近くで売れる可能性も高くなります。

逆に、そのようなデータを管理していない不動産会社だと、路線価などから割り出すありきたりの査定になってしまいます。そのため、あなたの物件を過小評価してしまい、査定価格が思ったより低くなったりしてしまいます。

不動産会社を比較しないといけないという理由は、知らないうちに、このように過小評価している会社に売却を依頼してしまうリスクを回避するという意味でも大切なことなのです。

私の会社でも、「あの物件、意外に早く買い付けが付いたんだよね。もう200万くらい高く売れたかも?」なんてことを、営業マンがよく話しています。

このことは売主さんには分かりませんが、怖いことですよね。

くれぐれも不動産会社は慎重に選ぶようにしてくださいね。

 

不動産会社によって得意な物件が違う

不動産会社は、「マンション売買が得意な会社」「中古一戸建ての売買が得意な会社」「ファミリー向け物件が得意な会社」「買取が得意な会社」などさまざまです。

あなたが売りたい物件の特性、購入層の属性への営業が得意な会社ほど、実績があるので査定額が高くなる傾向にあります。

こういった不動産会社に売却を依頼したほうが、あなたの家を高く、早く売ってくれる可能性が高くなるのです。

 

相場の動きをよく熟知している

不動産会社の中には、おどろくほど相場の動きを熟知している会社も存在します。

商業施設の建設予定や、幹線道路の設備などで地価がぐっと上がる場合もあり、情報収集能力の高い不動産会社は、そのような周辺環境の変化の情報もたくさん持っています。

そのような不動産会社の査定では、本人が思っている以上の査定価格が提示されることもあります。周辺相場が上がることを見越して、高い評価をつけているのです。

 

家を高く売るための不動産会社の選び方

では、このような優秀な不動産会社を出会うにはどうしたらよいのでしょうか?

気を付ける点は、以下の2点だけです。

  1. いきなり不動産会社へ出向かない
  2. 必ず複数の不動産会社に相談してから決める

 

いきなり不動産会社へ出向かない

家の売却の際にはいきなり不動産会社に出向いてはいけません。

最初に訪問した不動産会社の営業トークに乗せられてしまい、ついつい媒介契約を結んでしまうというケースも少なくはないからです。

その不動産会社が良ければいいのですが、あまり良心的ではない不動産会社であった場合には、「売り出してはみたものの中々売れない」、「結果的に大幅値引きをして売ってしまった」などという最悪のケースになる場合もあります。

みさえ
家の売却を最初から1社だけに決めるのは危険です。

 

複数の不動産会社に相談してから決める

これは何度も言っていることですが、不動産会社はきちんと比較して決めることが大切です。不動産会社選びは、高額売却を成功させるための第一歩です。

査定額もそうですが、「不動産会社の対応」「査定価格や物件の評価に対する根拠」などをしっかりと見比べてみて、信頼のおけそうな不動産会社を選ぶようにしましょう。

特に、担当する営業マンの態度や対応は気を付けてみておいてください。対応が丁寧で、かつスピーディーに動いてくれる営業マンのいる会社を選びましょう。

比較する不動産会社ですが、目安としては5~6社が目安です。大手から中小不動産会社まで、まんべんなく比較、相談してみることで、よりあなたに合った不動産会社を見つけることができます。

 

不動産会社探しは不動産一括査定サイトで

肝心な不動産会社探しですが、不動産会社を探す際には、ネットの不動産一括査定サービスを上手く利用しましょう。

不動産一括査定サービスとは、一度の入力で複数の不動産会社に一括して査定依頼の出来るシステムで、すでに年間何万人もの方が不動産の売却に利用しているサービスです。

不動産一括査定の査定方法は、あらかじめ決められた入力フォームに必要事項を入力するだけ。あとは、送信ボタンを押して送信すれば、複数社へ簡単に査定依頼が完了します。

査定依頼が完了して数日したら、不動産会社からメールや郵送で査定書が送られてきます。

みさえ
不動産一括査定の入力はものの数分で終わりますので、忙しく時間の無い方にも便利で最適なサービスです。

不動産一括査定サービスは、登録されている不動産会社があらかじめ厳選されています。最初から悪質な不動産会社を、検討リストから排除できるのは利用者にとって大きなメリットです。

また、不動産会社の欲しい物件とのタイミングが合えば、思いもしなかった高額査定が飛び出すのも不動産一括査定のメリットです。

不動産一括査定サービスは完全無料で利用できるため、利用者へのリスクはゼロです。ストレス無く不動産売却を進めていくために、このような無料サービスはどんどん活用するようにしましょう。

 

現役不動産会社OLがおすすめする不動産一括査定サイト

では、いったいどこの不動産一括査定サイトがいいの?という話になりますよね。

不動産一括査定サイトを選ぶポイントとしては、

登録されている不動産会社が多い不動産一括査定サイトを選ぶ

という点が最も重要です。

というのも、一括査定を利用する際には、できれば5社くらいに依頼するのが理想的です。最低でも3社は欲しいところです。

みさえ
不動産査定サイトによっては、査定をしてくれる不動産会社が見つからない場合があります。

しかし、登録不動産会社が少ない不動産一括査定サイトだと、査定をしてくれる不動産会社が少ない、もしくは全く無いという場合もあります。

東京、大阪、名古屋などの都市部であればそういった心配はありませんが、都市部から少し離れているようであれば、なおさら不動産会社の登録数の多い不動産会社を選ぶようにしましょう。

おすすめの不動産一括査定サイト

では、不動産会社勤務の私がおすすめする不動産一括査定サイトをご紹介いたします。

基準としては、

  • 登録されている不動産会社が他の不動産一括査定サイトより多い
  • 不動産会社を厳正に審査していて優良企業が多数登録している
  • 査定件数の実績が豊富で信頼性が高い

この3点を基準としておすすめしています。

査定の前に
査定は机上査定と訪問査定が選べます

 

不動産一括査定の査定方法には、「訪問査定」と「机上査定」の2種類の査定があります。とりあえず概算でいいから売却価格が知りたいという場合は「机上査定」を。詳しく正確な査定価格が知りたいという場合には「訪問査定」を選ぶようにしてください。

 

イエウールLP

国内最大級の不動産一括査定サイト
利用者数450万人超のイエウール

イエウールは登録不動産会社約1,200社、利用者数のべ450万人を超える国内最大級の不動産一括査定サイトです。

大手不動産会社も多数登録。悪質な業者は審査によって排除されているので安心です。

不動産一括査定サイトの中では比較的新しいサイトですが、登録されている不動産会社は一番多く、選択肢の多い点が魅力です。

 

 

HOMES4ULP

株式会社NTTデータが運営するHOME4U

HOME4Uは、株式会社NTTデータが運営する不動産一括査定サイトです。

一部東証上場企業であり、NTT関連の会社ですので安心感があります。国内初の不動産一括査定サイトで、15年以上の運営実績があり、信頼度は抜群です。

売却査定数も累計20万件を突破していて実績も申し分ありません。

 

 

イエイLP

最大6社分の査定書を即日取り寄せ
可能なイエイ

イエイは、運営歴8年以上、登録不動産会社数1,000社以上、利用者数300万人以上と実績としては申し分ない不動産一括査定サイトです。

「イエローカード制度」という制度があり、利用者から苦情の多かった不動産会社は登録を抹消されますので、安心度の高い点もポイントです。

 

私が働いている不動産会社への査定依頼の半分以上が不動産一括査定サイトからの査定依頼です。今は、直接不動産会社に査定依頼をする方よりも、一括査定サイトを利用して査定依頼をしてくる方のほうが多いんです。

不動産一括査定は、一戸建てだけではなく、土地、新築マンション、中古マンション、事業用地など不動産物件であれば、どの種別の物件でも査定依頼をすることができます。

みさえ
不動産一括査定は査定のみの依頼でもOKです。必ず家を売らないといけないなんてことはないので安心してください。

一括査定を申し込んだからといって、必ず不動産会社と契約しないといけないというわけではありませんので安心して利用してください。

 

3.物件の魅力を最大限に引き出す工夫をしておきましょう。

売買を委託する不動産会社が決まると、次は買主さんを見つけるための販売活動に入ります。

売主さん
でも、不動産会社ってどうやって家を売ってくれるんだろう?
みさえ
はい、不動産流通機構(REINS)への物件の登録、各不動産ポータルサイトへの掲載、宣伝チラシの配布などが不動産会社の販売活動の中心です。

実際の販売活動に入ると、家を探している購入希望者が不動産ポータルサイトを見たり、ポスティングされたチラシを見たりして、物件への問い合わせが少しずつ入りだします。

みさえ
次の段階では、「では実際の物件を見てみましょう」ということになります。

そこで、購入希望の方が実際の家やマンションを細かくチェックする「内見(内部見学)」という作業に入ります。(内覧と呼ぶ場合もあります)

この内見のときに買主さんへ与える印象はとても大切です。
少しでも好印象を持ってもらえるように、物件の魅力を最大限に引き出す工夫をしておきましょう。

ここでの売主さんのちょっとした工夫や努力が家を高く売ることにつながります。

買主さんは内見のときに、「そこの家で住んでいる将来の自分」を夢見ています。
この家なら快適で暮らしやすそうと思ってもらわないといけないのです。

みさえ
買主さんに良い印象を持ってもらえば、値引き交渉もあまりしつこくされることもなく、家が高く売れるのです。

 

家の中はとにかくキレイで清潔に保つこと。特に水回りは重点的に。

売主さん
あの物件、立地と間取りは理想通りだけど、何か不潔っぽい感じがいやだったな・・

家の中はとにかくキレイで清潔にしておいてください。リフォームなどお金のかかることをする必要はありませんが、内見の際にはとにかくキレイに掃除をしておきましょう。

ホコリが浮いているような家には誰も住みたがりません。

キッチン、トイレ、お風呂などの水回りも生活していく上で重要な場所であり、買主さんが最も気にする場所になります。面倒がらずにピカピカに磨いておきましょう。

リビングも買主さんの印象を左右する大事な空間です。きちんと整理整頓をして、広々さを演出することで物件に対して好印象を持ってもらうことができます。

みさえ
買主さんに良い印象を持ってもらうには、生活感を感じさせないということも重要です。

また、買主さんは家に前の住人の面影が残るのをとても嫌います。
ニオイなどはその典型的な例ですので、ペットの臭いやタバコの臭いなどは消臭剤などを使って丁寧に除去しておきましょう。夏場はエアコンから出るニオイにも注意が必要です。

家族の写真や子どものおもちゃなども、できればしまっておいてください。
居住中の家族のプライベートな一面が見えると、購入意欲が下がってしまう可能性があります。

マイホームを探している家族は、夢を描いています。その夢を壊さないように「生活感を感じさせない」ということも内見のポイントです。

また、買主さんの質問などには正直に丁寧に答えてあげ、不安を解決してあげることも大切です。物件は気に入ったけれど、売主が気に入らなかったから購入までいかなかったということはよくあるのです。

内見希望者には、誠実で丁寧な対応を心掛けてください。

 

玄関周りは明るく見せること。

みさえ
家を明るく見せるテクニックを使いましょう。

玄関はその家の顔となるものです。一歩玄関に入ったときの印象は買主さんに強く残ります。極力いらないものは置かず、明るさを遮るものがあるのなら撤去しておきましょう。

可愛らしいインテリアや観葉植物などは、家を豊かな印象にしますので、さりげなく玄関に置いておくというテクニックもあります。

それと、内見のときにはたとえ昼間であっても室内の電気を全て点けておいてください。部屋全体を明るい雰囲気に見せることができます。

 

物件の魅力をさりげなくアピール

その家の良さは住んだ人間にしか分かりません。
日当たりや住みやすさなど、自分の家のアピールポイントはしっかりと購入希望の方に伝えることも大事です。

みさえ
内見のときに物件の良さをPRすることは大事ですが、あまり見学者に付いてまわることはよしておきましょう。見学者に落ち着いて家を見てもらうことが大事です。

ただし、「このような家は他には無いと思います!」などの過剰なPRは逆効果です。
「春になるとすごく気持ちの良い風が入ってくるんですよ」などと、さりげなく物件の良さをアピールしましょう。

物件の良さだけでなく、住んだ場合の周辺環境の充実度(スーパーが近い、治安が良いなど)もきちんと購入希望者へ伝えるようにしてください。

 

家を高く売るために最低限押さえておきたい3つのポイントまとめ

いかがでしたでしょうか?あなたの家を高く売るためのポイントとしては、

  1. 売却期間に余裕を持つ
  2. 家を高く売るためには不動産会社選びが最重要ポイント
  3. 物件の魅力を最大限に引き出す工夫をする

この3点を押さえておくことが大切です。

みさえ
特にポイント2の不動産会社選びは最重要ポイントです。
みさえ
家を高く売るには、いかに高い査定価格を引き出すかではなく、いかに高く売るための戦略を一緒に考えてくれる不動産会社を見つけることができるかという点が一番大切なのです。

最初に売り出す売却価格にしても、あまり欲張りすぎず適正価格前後にしておくと、問合わせも多くなります。問合わせが多く入るということは、買主さんもライバルが多くなるということですので、売却の条件もスムーズにまとまりやすくなります。

その結果、大幅な値引きをすることなく家が高く売れるのです。

売却のプロである不動産会社のアドバイスを素直に聞き入れ、適切な売却価格を設定するようにしてください。

家を売るということは一生に一度あるかないかの一大イベントです。
しかし、不動産会社の言いなりになって損をしてしまっている売主さんもいらっしゃるのも事実です。

そうならないためにも慎重に不動産会社を選び、あとあと後悔の残らないような家の売却を目指してください。あなたが良い不動産会社、良い営業担当者に出会えることを心から願っています。

 

不動産関連お役立ちリンク

不動産取引情報提供サイト REINZ Market Information

地価公示・地価調査・取引価格情報 | 土地総合情報システム | 国土交通省


PAGE TOP