古い家を売るには?相続した古い家を売る方法

相続・資産整理

古い家

両親から相続した古い家の処分に困ってはいませんか?

売主さん
このまま持っていても、維持費もかかるし、いらない固定資産税を払うだけ。最近は空き家問題もうるさいし・・・
売主さん
田舎に残した古い家、もう住むことはないだろうから売ってしまいたい。

そういった方のために、古い家を売る方法や売るときの注意点をまとめてみました。

古い家は解体して更地にしてから売るべきか?

古い家を売ろうと考えた場合、まず考えるのが建物を残したまま売るのか?解体して更地にして売るべきか?だと思います。

このことに関しては、とりあえずは、「古家ありの土地」として売りに出すべきです。

「古家ありの土地」とは、築年数が古いため、中古一戸建てとしては価値を持たない家が建ったままの土地のことをいいます。

土地を探している買い手の中には、「古い家をリフォームして住みたい」と考えている方もいます。古家に魅力を感じているので、わざわざ古い家を探している人もいるのです。

家を解体して更地にするかどうかは、その土地を買いたいという買い手が見つかってから決めても遅くありません。

勢い余って先に解体してしまうと、「更地にしたものの買い手がなかなか見つからず、解体費用が無駄になってしまった」ということにもなりかねません。

みさえ
更地にすることによって、固定資産税も跳ね上がりますので、古い家を売る時には、まず「古家ありの土地」として売り出すのが得策です。

 

古い家を売るときには、余分な費用がかかる場合も?

また、古い家や土地を売るときには、境界の問題も出てきます。境界とは、隣接地との境目のことです。

関連: 土地の「境界」と「筆界」の違いとは?

通常、境界には境界標という杭のようなものが打ち込まれています。境界標と境界標とを結んだ線が、隣接地との境目という訳です。

この境界標がきちんと確認されればよいのですが、古い土地の場合は「境界標が見当たらない」または、「設置されていない」ケースもあります。

そうすると、家を売る際に境界を復元する作業が発生する場合があります。

境界を復元するには、土地家屋調査士などに依頼して「境界確定測量」という測量を行ってもらわないといけません。

関連: 家や土地を売るときには境界の測量は必ずやらないといけないの?

境界確定測量にかかる費用は、土地の大きさなどにもよりますが、約30~60万円ほどかかります。

昔は境界についてあいまいなまま売買が行われることもあったそうです。ただし、現在は境界をはっきりさせてくれないと買わないという買い手も多いです。

境界がはっきりしていない場合は、境界確定測量の費用がかかることもあるということは覚悟しておいてください。

 

離れた実家を売る場合、不動産屋はどうやって探す?

みさえ
仮にあなたのお住まいが東京で、売りたい実家が鹿児島の場合は、不動産会社はどのように探せばよいのでしょうか?

関連: 田舎の実家を処分したい。田舎の家を売るときの3つのステップ

離れた鹿児島の土地の売買に、東京の不動産屋が動いてくれることはまずありません。ただ、地元鹿児島に何度も帰省して不動産会社を探すわけにもいきませんよね。

こういった場合は、ネットの不動産一括査定サイトを利用すると便利です。

不動産一括査定とは、不動産会社を選んで一括で査定依頼ができるサービスのことで、大手不動産一括査定サイトであれば、日本全国数千社の中から売却を依頼する不動産会社を探すことができます。

また、査定依頼もインターネット上の簡単な入力フォームに必要情報を入力するだけで完結するため、時間もかからず大変便利なサービスです。

ワンポイントアドバイス

損をしないための不動産査定術

不動産会社によって査定の基準が異なるため、物件によっては数百万円の違いが出る場合があります。誤って評価の低い不動産会社を選んでしまうと大損をする場合も?

不動産一括査定での査定結果

そのため、不動産の査定は複数社に依頼が鉄則です。

また、査定依頼の方法ですが、インターネットの不動産一括査定が多く利用されています。

これは査定画面の一部ですが、「机上査定」にチェックを入れておけば、不動産会社が家に来ることもなくしつこい営業などもありません。ただし、より正確な査定価格が知りたい場合は、「訪問査定」の方にチェックを入れておいてください。

机上査定と訪問査定の選択画面

⇒無料の不動産一括査定はこちら

※業界最大手で、今もっとも利用されている不動産一括査定サイトです。大手不動産会社から地域に強い中小不動産会社まで幅広い選択肢が魅力です。全国エリア対応で安心。

 

 

古家ありの土地で売り出した場合でも、解体費用は把握しておくべきです

「古家ありの土地」として売りに出す場合、解体は後から考えれば大丈夫です。しかし、解体したときにかかる解体費用は、事前に把握しておくべきです。

というもの、土地として販売されている不動産に関しては、建物を取り壊す費用を負担するのは基本的に買主側になります。

みさえ
土地として売り出した物件は、売却価格から解体費用分の値引きを求められることが多いんです。

例えば、あなたの土地が1,000万円の売却価格の場合、解体費用として100万円値引きして900万円にしてくれないか?というような交渉です。

売主側としては、この値引き交渉は仕方が無いため了承する場合が多いです。

でも、差し引いた解体費用は100万円ですが、実際にかかる解体費用が80万円だったとしたらどうでしょう?20万円も損をしてしまいます。

そういった場合は、こちらで解体するからと言い値で買取ってもらう交渉をするのです。

そうすれば、解体費用を差し引いても920万円残りますので、900万円で売るより20万円も得する計算になります。

逆に解体費用が120万円かかるのであれば、解体費用を100万円値引きするからと言って900万円で売ったほうが得になります。

こういう交渉時の駆け引きのために、解体費用はあらかじめ見積もっておき把握しておくことが大事なのです。

解体工事の見積りが比較できる比較サイトなどで、一度費用を見積ってもらうのもいいでしょう。

⇒解体工事の無料一括見積なら最安値「解体無料見積ガイド」

 

実家の家を上手に活用する方も増えてきています。

みさえ
実家の家の売却を検討するときには、実家が何かの形で活用できないかを調べてみることも大切です。

というのも、最近では空き家を売らないで活用するという所有者の方も増えています。駐車場経営などはその典型的なケースでしょう。

昔は、「車は一家に一台」の時代でしたが、息子や娘が大きくなり、2台目・3台目と一家で所有する車の台数も多くなってきています。

古い住宅街では、駐車スペースが1台分しかない家も多いため、空き家になった家を整地・区画し月極駐車場として貸出しているケースも数多く見受けられます。

商用地や幹線道路に近いようでしたら、コインパーキングとしての利用価値も高くなります。

他にも、放置された空き家を改修したうえで、高齢者向けの住宅として活用する方法は、将来性の高い空き家活用方法として特に注目を浴びています。

活用するということは、賃料などで毎月の定期収入を得ることになりますし、所有する土地や建物は自分自身の資産として残すことができます。

現在では、無料で土地活用の提案を検討できるサービスも普及しています。

公式サイトへ 【リビンマッチ】土地活用 一括資料請求

みさえ
実家の家を売ろうと検討している方は、土地活用も視野に入れた上で総合的に検討してみるべきだといえます。

 

まとめ

空き家を活用するか、売却するかしないかは、十分情報を集めた上で検討することが大切です。

ただ、空き家に関しては、平成27年に空き家特別措置法が完全施工されましたので、そのまま放置しておくことは得策ではありません。

関連:特定空き家とは?あなたの空家の固定資産税が6倍になる可能性も?

処罰の対象になれば、特約が無くなり固定資産税も跳ね上がります。行政代執行で撤去などとなれば、近所の方にも気まずい思いをしてしまいます。

なるべく早めに不動産会社や専門家に相談し、処分方法を決めておいたほうが将来的にも安心です。

⇒家を高く売るコツ.comトップへ

 

家を高く売るなら不動産一括査定

私が働いている不動産会社にも、不動産一括査定経由のお客さまが多くいらっしゃいます。

お客さまが口を揃えておっしゃるのが、

不動産会社によって査定価格が全然違う・・・

ということ。

中には極端に安く見積る会社もあって、「何も知らないであそこに売ってたら大変なことだった」と、ヒヤッとされるお客さまも。

そうならないためにも、家や土地などの不動産を売却するときには、必ず複数の不動産会社から査定をしてもらうことがとても大切です。

不動産会社の立場から言えば、直接お店に来店いただければ嬉しいところですが、査定依頼を1件1件不動産会社を回ってやっていくのは大変です。

好きな不動産会社を複数選んで簡単に一括で査定依頼ができる、不動産一括査定がやっぱり便利ですね。

そこで、不動産会社の登録が多く、使いやすくて安心できる不動産一括査定をおすすめ順に並べてみました。家の売却を検討する際にはぜひ参考にしてください。

イエウールLP

国内最大級の不動産一括査定サイト
利用者数450万人超のイエウール

イエウールは登録不動産会社約1,200社、利用者数のべ450万人を超える国内最大級の不動産一括査定サイトです。

大手不動産会社も多数登録。悪質な業者は審査によって排除されているので安心です。

不動産一括査定サイトの中では比較的新しいサイトですが、登録されている不動産会社は一番多く、選択肢の多い点が魅力です。

 

HOMES4ULP

株式会社NTTデータが運営するHOME4U

HOME4Uは、株式会社NTTデータが運営する不動産一括査定サイトです。

一部東証上場企業であり、NTT関連の会社ですので安心感があります。国内初の不動産一括査定サイトで、15年以上の運営実績があり、信頼度は抜群です。

売却査定数も累計20万件を突破していて実績も申し分ありません。

 

イエイLP

最大6社分の査定書を即日取り寄せ
可能なイエイ

イエイは、運営歴8年以上、登録不動産会社数1,000社以上、利用者数300万人以上と実績としては申し分ない不動産一括査定サイトです。

「イエローカード制度」という制度があり、利用者から苦情の多かった不動産会社は登録を抹消されますので、安心度の高い点もポイントです。

 
 
ダメ出しをする不動産会社OL【ぶっちゃけ話】不動産会社に直接、査定依頼をしてはいけない理由
※業界内では言えない話しです。こっそりと読んでください。

 


PAGE TOP