家や土地を売るときには境界の測量は必ずやらないといけないの?

家を売るQ&A

売主さん
家や土地を売るときには、測量って必ずやらないといけないの?

みさえ
いいえ、必ずやらないといけないという決まりはありません。しかし、最近は土地の境界を確定して欲しいという買主さんがほとんどです。

家や土地を売却する場合、以前なら不動産登記簿に載っている面積(公募面積)での取引も多かったのですが、最近では土地の境界を確定した上での売買を望んでいる買主さんが増えています。

この記事では、境界を確定する測量である「境界確定測量」についてみていきたいと思います。

なぜ、境界確定測量をするの?

売主さん
なぜ境界を確定する測量をしておかないといけないの?

みさえ
境界を確定しておかなかったことによるトラブルを避けるためという目的が第一です。

  • 境界内だと思って作った塀が境界を越えていた
  • 境界杭があると思っていたが解体工事のときに一緒に撤去されていた
  • 長年、隣人の土地だと思っていた土地が自分の土地だった

など、隣人との境界をめぐってのトラブルは意外に多いものです。

これは意外と知られていないのですが、隣人の土地だと知らないで使用していた場合でも、10年経てばその土地の所有権は使用者に移ります。仮に知っていて使用していたとしても、20年で所有権が移ってしまいます。

これを土地の時効取得といい、仮にに所有者が土地を返して欲しいといったとしても、裁判では必ず負けてしまいます。

不動産登記簿に記載されている土地の面積はあてにならない?

また、昔の測量は今とは違い技術も未熟だったため、不動産登記簿に載っている地積(土地の面積)と実際の数字が違っていたということもたびたびあります。

そうすると、不動産登記簿に載っている地積が実際の土地の面積より少ない場合は、売主さんが損をしてしまいますし、多い場合は買主さんが損をすることになります。

みさえ
こういったトラブルを避けるため、今は買主さんが売主さんに対して境界を確定する「境界確定測量」を希望するケースが多くなってきているのです。

また、境界には「占有境界」と「筆界」の2種類の境界が存在します。それぞれの違いはよく理解しておいてください。占有境界と筆界の違いはこちらの記事で説明しています。

参考 土地の「境界」と「筆界」の違いとは?

測量にかかる費用はどれくらい?

売主さん
 境界確定測量ってどのくらいの費用がかかるのかしら?

みさえ
土地によりますが、約30万~60万円くらいかかります。結構かかるんですよね。

境界確定測量を行うのは、土地家屋調査士の仕事になります。

測量にかかる費用は、土地の形状、広さによって変わってきますが、約30万円~60万円ほどになります。

所有地が、市有地や国有地に面している場合は、官民立ち会いというものを行わないといけないため、さらに費用が発生します。

境界確定測量の流れ

みさえ
土地家屋調査士が、境界確定測量の際に行う作業の流れは以下の通りです。

1.事前調査(法務局などでの資料の調査)

法務局で、登記事項証明書(登記簿謄本)公図、地積測量図と呼ばれる図面などを調査します。

また、売却する土地や家が所在する管轄の市役所で、道路に関する測量図や区画整理に関する資料等を調べます。

2.事前現地調査

事前調査で集めた資料をもとに、現地の下見をします。

現地の敷地の境界や隣接地等の占有状況(塀等)、障害物の有無などを調べると共に、隣接地の所有者にあいさつをし、測量への理解をしてもらいます。

3.現地の測量業務

土地の形状や建物の位置、既設の境界標、道路や水路との境界などを実際に測量していきます。

4.測量結果の計算、資料との照合

測量の結果と既存の資料を照らし合わせながら仮図面を作成し、土地の境界を推定していきます。

境界標が設置されていない境界点などには、ペンキなどで仮の表示を行う場合もあります。

5.民地境界立会い

隣接する土地の地権者などの関係者を現地に呼び、確定の立ち会いを行います。この際に、関係者全員の承諾を得られることができなければ、境界の確定をすることはできません。

6.境界標の設置

関係者全員の承諾が得られれば、境界の目印となる境界標を設置します。境界標にはコンクリート杭、金属プレートなどを使用します。

7.境界確認書の作成

測量したデータをもとに、境界確認書と境界確定図を作成します。境界確認書は契約書のようなもので、土地の所有者と隣地の地権者それぞれが署名捺印したものを2通作成し、隣地の地権者と1通ずつ保管します。

8.登記の申請

土地家屋調査士から最終的に提出された書類をもとに、土地表題登記、土地地積更正登記、土地分筆登記など必要な登記をして境界確定の作業は完了です。

測量にかかる期間はどのくらい?

売主さん
測量してもらうのにどのくらいの期間がかかるのかなぁ?

みさえ
境界確定測量にかかる期間は、平均して2~3ヶ月くらいです。

ただし、境界確定測量の流れにもあるように、隣接する土地の所有者全ての承諾が必要なため、思いのほか時間がかかったり、トラブルに発展し境界の確定が最終的にできなかったというケースも出てきます。

家の売却を考えた場合には、極力早めに境界確定を済ませておくようにしましょう。

境界の立ち会いに参加してもらえない場合はどうしたらいい?

売主さん
隣の人が境界の立ち会いに参加してくれない。どうしよう。

みさえ
日頃から隣人との関係は友好に保つようにしておくことが大切です。

境界確定のトラブルで一番多いのは、隣人に関係者の立ち会いに参加してもらえないことです。

これは、家を売りたい人と隣人との人間関係が以前から悪かった場合に起こりやすいトラブルです。なので、当人とよく話し合い人間関係の修復を図るしか解決策はありません。

また、不動産会社や土地家屋調査士の態度に腹を立てていて立ち会いに応じない場合もあります。この場合は、関係者に謝罪に行ってもらい態度を改めてもらうしかありません。

みさえ
不動産会社や土地家屋調査士が謝罪に応じない場合は、業者を変えることも検討しましょう。

境界を確定するには隣人の承諾が必要不可欠なわけですから、承諾を得られなかった場合には家を売ることをあきらめないといけなくなる可能性もあります。

人間関係の修復が不可能であれば、

「境界の立ち会いに応じてもらうのはあきらめました。しかし、もしあなたが家を売るようになったとしても、わたしも一切立ち会いには応じませんので」

と、しっかりと意思表示しておくべきです。

みさえ
脅してはいけませんが、道連れにしてやるようなことを匂わせることで、相手が折れてくれる場合もあります。

まとめ

最近の家や土地の売買には、境界確定が必要不可欠となってきています。今は、境界確定図が無いと、その家や土地は買わないという買主さんがほとんどだからです。

できることなら、隣人に事前にあいさつをしておいて、境界を確定する作業をすることを伝え、立ち会いの承諾を得ておくと安心です。

境界の確定には意外と時間がかかります。いざという時に焦ることのないよう、なるべく早めに動いておくようにしましょう。

⇒家を高く売るコツ.comトップへ

 

家を高く売るなら不動産一括査定

私が働いている不動産会社にも、不動産一括査定経由のお客さまが多くいらっしゃいます。

お客さまが口を揃えておっしゃるのが、

不動産会社によって査定価格が全然違う・・・

ということ。

中には極端に安く見積る会社もあって、「何も知らないであそこに売ってたら大変なことだった」と、ヒヤッとされるお客さまも。

そうならないためにも、家や土地などの不動産を売却するときには、必ず複数の不動産会社から査定をしてもらうことがとても大切です。

不動産会社の立場から言えば、直接お店に来店いただければ嬉しいところですが、査定依頼を1件1件不動産会社を回ってやっていくのは大変です。

好きな不動産会社を複数選んで簡単に一括で査定依頼ができる、不動産一括査定がやっぱり便利ですね。

そこで、不動産会社の登録が多く、使いやすくて安心できる不動産一括査定をおすすめ順に並べてみました。家の売却を検討する際にはぜひ参考にしてください。

イエウールLP

国内最大級の不動産一括査定サイト
利用者数450万人超のイエウール

イエウールは登録不動産会社約1,200社、利用者数のべ450万人を超える国内最大級の不動産一括査定サイトです。

大手不動産会社も多数登録。悪質な業者は審査によって排除されているので安心です。

不動産一括査定サイトの中では比較的新しいサイトですが、登録されている不動産会社は一番多く、選択肢の多い点が魅力です。

 

HOMES4ULP

株式会社NTTデータが運営するHOME4U

HOME4Uは、株式会社NTTデータが運営する不動産一括査定サイトです。

一部東証上場企業であり、NTT関連の会社ですので安心感があります。国内初の不動産一括査定サイトで、15年以上の運営実績があり、信頼度は抜群です。

売却査定数も累計20万件を突破していて実績も申し分ありません。

 

イエイLP

最大6社分の査定書を即日取り寄せ
可能なイエイ

イエイは、運営歴8年以上、登録不動産会社数1,000社以上、利用者数300万人以上と実績としては申し分ない不動産一括査定サイトです。

「イエローカード制度」という制度があり、利用者から苦情の多かった不動産会社は登録を抹消されますので、安心度の高い点もポイントです。

 
 
ダメ出しをする不動産会社OL【ぶっちゃけ話】不動産会社に直接、査定依頼をしてはいけない理由
※業界内では言えない話しです。こっそりと読んでください。

 


PAGE TOP