家を売るときにリフォームをするべき?リフォームすると家は高く売れる?

家を売るQ&A

売主さん
売出し前にリフォームしたほうが有利になりますか?

このような質問をお客様からよくいただきます。

たしかに、内装が綺麗な方が買い手への印象も良く、販売にかかる期間も短くなるのは事実です。不動産会社も、「リフォームしている家は売りやすい」との印象を持っています。

みさえ
リフォームすると不動産会社は家を売りやすくなります。しかし、「売りやすい」と「高く売れる」は別問題です。

ここでは、家の売却の際にリフォームをするべきかどうかについてみていきます。

 

リフォームするかどうか、買主の立ち場で考えてみる

みさえ
実際にリフォームをした家を購入するのは、買主さんです。まずは、リフォームして売るべきかどうか、買主さんの立場で考えてみます。

買主さんからみたリフォーム済みの住宅を購入するメリットとしては、

  • リフォーム用の資金を用意する必要が無い
  • 綺麗な家にすぐ住めるので、引越し後の手間が省ける

などがあるでしょう。

逆にデメリットでいえば、

  • 自分の思うようにリフォームができない
  • 自分の思い描くリフォーム像がある買い手には興味が無い
  • リフォーム費用を売却価格に上乗せされる

などでしょう。

みさえ
売主さんは家の購入後にリフォームするのを前提で、物件を探しているかたも多いです。

メリット・デメリットからみると、「買い手が何を望んでいるかに左右される」ということになります。

リフォームを望んでいる買い手からは喜ばれるが、望んでいない買い手からは敬遠されるということです。

これでは、リフォームするかどうかの判断がしづらいですね。次は、販売価格からリフォームするべきかどうかみていきましょう。

 

リフォームした家が売れた場合のことを想定してみる

まず、家の相場が1千万円でリフォームに100万円かけた家が
50万円しか高く売れなかったとします。

1千万円(売却価格)- 100万円(リフォーム費用)+ 50万円(価格上乗せ分)=950万円

になります。

今度は、リフォームはしてないが、
買い手が買いやすいように50万円値引きしたとします。

1千万円(売却価格)- 50万円(値引き)=950万円

どちらもあなたの手元に残る金額は同じです。

売主さん
100万かけてリフォームして200万円上乗せすれば、100万円も儲かるんじゃない?

と言われそうですが、あなたは100万円でリフォームをされた家を、
200万円も上乗せして買いたいと思いますか?

仮にきれいにリフォームしたからといって、極端に相場以上の値がつくことはありません。リフォームした家を高く売るということは、それだけ難しいのです。

みさえ
賛否両論あるかとは思いますが、私は、家を売るときに大掛かりなリフォームはやめておくべきだと考えています。

高く売れるかどうかも分からないのに、何百万円もかけてリスクを負う必要はありません。

最近では、リフォームほど費用をかけずに物件を魅力的に見せることができる「ホームステージング」というサービスも注目されてきています。

ホームステージングして家を売るメリット・デメリット

 

室内の状況によって、簡易なリフォームは考えるべき

買主さん
なんかこの家汚いな。こんな家は買いたくない。
みさえ
家の状態がよくない場合は、簡易リフォームをすることでずいぶん買主さんに与える印象は変わってきます。

家を売るときに、リフォームはやめておくべきだと申し上げましたが、室内コンデションによっては簡易なリフォームをしたほうが有利な場合もあります。

  • 壁がタバコのヤニで黄色くなっている
  • 子どもの落書きが壁一面にある
  • 畳が腐りかけている

などの場合です。

こういった家は、内見の際の見学者の印象が悪くなりますので、売れにくくなります。

このようなときには、壁紙や畳の貼り替えは検討するべきです。

また、リフォームまでいかなくてもハウスクリーニングをすることで、ずいぶんと印象が変わる場合もあります。

関連 家を売るときにハウスクリーニングはするべき?どの場所を綺麗にしておくの?

どこまでやるかどうかは、不動産会社の方がノウハウや経験を持っていますので、担当者によく相談してから決めるようにしてください。

 

リフォームをしつこく勧めてくる業者には注意!

営業マン
リフォームすれば高く売れます!リフォームしましょう!
みさえ
こんな風にリフォームをしつこく勧めてくる不動産会社には注意してください。

リフォームして高く売れる根拠がはっきりとしているのなら別ですが、しつこくリフォームを勧めてくる業者は、だいたいそこの不動産会社にリフォーム部門がある場合がほとんどです。

ただ単に、リフォーム部門の売り上げを伸ばしたいだけなんですね。なので、極端にリフォームにこだわる不動産会社には注意しておいてください。

 

まとめ

家を売るときにリフォームするかどうかですが、ほとんどの不動産会社営業マンは、

「とりあえず現状で売りにだしてみましょう!」

と言ってくると思います。

それだけ家を売るときにリフォームするかどうかは重要な問題ではないのです。

リフォームはどうしても家が売れない場合の最終手段だと思って、早まってリフォームすることだけはやめておいてください。

⇒家を高く売るコツ.comトップへ

 

家を高く売るなら不動産一括査定

私が働いている不動産会社にも、不動産一括査定経由のお客さまが多くいらっしゃいます。

お客さまが口を揃えておっしゃるのが、

不動産会社によって査定価格が全然違う・・・

ということ。

中には極端に安く見積る会社もあって、「何も知らないであそこに売ってたら大変なことだった」と、ヒヤッとされるお客さまも。

そうならないためにも、家や土地などの不動産を売却するときには、必ず複数の不動産会社から査定をしてもらうことがとても大切です。

不動産会社の立場から言えば、直接お店に来店いただければ嬉しいところですが、査定依頼を1件1件不動産会社を回ってやっていくのは大変です。

好きな不動産会社を複数選んで簡単に一括で査定依頼ができる、不動産一括査定がやっぱり便利ですね。

そこで、不動産会社の登録が多く、使いやすくて安心できる不動産一括査定をおすすめ順に並べてみました。家の売却を検討する際にはぜひ参考にしてください。

イエウールLP

国内最大級の不動産一括査定サイト
利用者数450万人超のイエウール

イエウールは登録不動産会社約1,200社、利用者数のべ450万人を超える国内最大級の不動産一括査定サイトです。

大手不動産会社も多数登録。悪質な業者は審査によって排除されているので安心です。

不動産一括査定サイトの中では比較的新しいサイトですが、登録されている不動産会社は一番多く、選択肢の多い点が魅力です。

 

HOMES4ULP

株式会社NTTデータが運営するHOME4U

HOME4Uは、株式会社NTTデータが運営する不動産一括査定サイトです。

一部東証上場企業であり、NTT関連の会社ですので安心感があります。国内初の不動産一括査定サイトで、15年以上の運営実績があり、信頼度は抜群です。

売却査定数も累計20万件を突破していて実績も申し分ありません。

 

イエイLP

最大6社分の査定書を即日取り寄せ
可能なイエイ

イエイは、運営歴8年以上、登録不動産会社数1,000社以上、利用者数300万人以上と実績としては申し分ない不動産一括査定サイトです。

「イエローカード制度」という制度があり、利用者から苦情の多かった不動産会社は登録を抹消されますので、安心度の高い点もポイントです。

 


PAGE TOP