家を売るときの片付けはどうする?エアコンや家具は処分するの?

家を売るための基礎知識

長年住んできた家ならば、家財道具や不用品もかなり溜まっていることと思います。

家を売るときに、このような不用品の片付けに悩む売主さんも多いですね。

  • 家具や不用品を処分しないまま家を売ることができるの?
  • 処分が必要ならどこに頼めばいいの?
  • エアコンは取り外すべき?家具は置いていってもいいの?
  • 家を売るときには片付けはどこまですればいいの?

このような家を売るときの片付けについての疑問についてご説明したいと思います。

家具や不要品を処分しないまま家を売ることはできる?

家具や不用品を処分しないまま家を売る事はできるか?という点については、
結論を言うと「家の売却はできる」ということになります。

ただし、不用品をそのままにして家を売るということは、不要品の処分は新たにあなたの家を買った買主さんがすることになります。

古い家具家財や不用品に価値はありません。
なので、買主さんが負担するであろう不要品の処分にかかるお金を売値から差し引く
という形をとる場合が多いです。

多少売値が下がっても、自分で処分するのは面倒だから・・・
というかたは、この方法で家を売るといいと思います。

ただし、この方法には問題点がひとつあります。

それは、

家が売れにくくなるということです。

家財道具や不要品のちらかった家は、買い手へのイメージが悪くなります。
古臭い家財道具が置いてあったり、散らかっている家など誰も買いたくないでしょう。

物が多いと部屋も狭く見えますので、資産価値も低く見られてしまい、想定した売却価格よりも低く売れてしまうこともあります。

みさえ
家を少しでも高く売りたいという希望がある場合は、不要な家財道具、不用品は処分してすっきりした状態で家を売りに出すべきです。

不用品の処分はどこに頼めばいい?

売主さん
でも、不用品の処分はどこに頼めばいいの?
みさえ
これは、不用品の買取・回収を行っている業者に頼むのが一番です。遺品整理などを行っている業者もこれにあたります。

遺品整理業者などは、回収する物の状態によっては買取もしてくれますので、処分費用の足しにもなるので助かります。

また、ブランド品、切手やお酒などの趣味趣向品は、買取専門店に買い取ってもらった方が高く売れる場合もあります。

買取専門店公式サイト 満足価格!お引越しで整理したいモノの買取【スピード買取.jp】

買取が見込めるものには、以下のようなものがあります。

携帯電話
電話機
iphone、各スマートフォン、電話機
家電製品 DVDプレーヤー、コンポ、カメラ、ストーブ、スピーカー
テレビ、パソコン、ビデオデッキ、ブルーレイレコーダー
ミシン、ラジオ、洗濯機、冷蔵庫
家具・大型家具
台所用品
ソファー、タンス、テーブル、食器棚、ベッド、テレビボード
バッグ
趣味趣向品
ブランドバッグ・切手・楽器・骨董品など

処分を依頼する際は、複数社で見積りを

不用品回収の業者の中には、悪質な業者もいます。
回収料金を支払う段階で、見積りと違った法外な料金を請求してくる業者もいるので注意です。

なので、複数の回収業者にあらかじめ処分料を見積もってもらい、追加料金などが発生しないかどうかをしっかりと確認しておくことが大事です。

片付け専門業者を一括比較⇒ 不用品おかたづけ見積りネット

エアコンは取り外すべき?

エアコン、照明器具、カーテンなど設備品の処理も悩むところです。
使わないエアコンなどは取り外すべきなのでしょうか?

これは不動産取引という観点から見れば、撤去すべきだといえます。
不動産取引というものは、家の中のものをすべて撤去して上で売却するのが基本だからです。

では、エアコンなどの付帯品を必ず撤去しないといけないかといえばそうではありません。
撤去するか残していくかは、買主さんとの話し合いで決められます。

契約前には付帯設備表を作成

家の中の設備品のどれを残してどれを撤去するかは、付帯設備表という表を作成して決めるんですね。

みさえ
付帯設備表は、売主さん側と買主さん側との見解の違いを無くすためにも必要なものです。

買主さんは照明・エアコンなどが付いた状態で家を買ったものと思っていたとします。
ところが、いざ入居の時にそれらが外されていれば「話が違う!」と揉める可能性もある訳です。

こういった勘違いを未然に防ぐために、「これは残します」、「これは撤去します」ということを、不動産会社立ち会いのもとに、売主、買主とで話し合い、付帯設備表に記入していくわけです。

なので、エアコンを取り外すかどうかはその時点で決めてもよいのです。
もちろん、取り外して次の家に持っていきたいときも、買主さんにはその旨を伝えないといけません。

ちなみに付帯設備には、キッチンのコンロや食器洗い洗浄器、カーテンレール、カーテン、下駄箱など様々なものが含まれます。

付帯設備及び物件状況報告書についてはこちら:国土交通省

まとめ 家を売るときには、どこまで片付けておけばいい?

上記の点を踏まえると、家を売る時には照明、カーテンレール、カーテン、エアコンなどの付帯設備はとりあえずそのままでOK。

古い家財道具や不要品は、早めに処分して家の中をきれいにさっぱりとしておく。
ということになります。

しかし、これは空き家や居住中の家を空き家にしてから売る場合です。
まだ住んでいる家を売りたい場合には、生活もありますので全て処分するわけにはいきません。

住みながら家を売りたい場合の注意点はこちらの記事でまとめていますので、参考にしてください。

参考 住みながら家を売る場合の注意点・苦労する点など

⇒家を高く売るコツ.comトップへ

 

家を高く売るなら不動産一括査定

私が働いている不動産会社にも、不動産一括査定経由のお客さまが多くいらっしゃいます。

お客さまが口を揃えておっしゃるのが、

不動産会社によって査定価格が全然違う・・・

ということ。

中には極端に安く見積る会社もあって、「何も知らないであそこに売ってたら大変なことだった」と、ヒヤッとされるお客さまも。

そうならないためにも、家や土地などの不動産を売却するときには、必ず複数の不動産会社から査定をしてもらうことがとても大切です。

不動産会社の立場から言えば、直接お店に来店いただければ嬉しいところですが、査定依頼を1件1件不動産会社を回ってやっていくのは大変です。

好きな不動産会社を複数選んで簡単に一括で査定依頼ができる、不動産一括査定がやっぱり便利ですね。

そこで、不動産会社の登録が多く、使いやすくて安心できる不動産一括査定をおすすめ順に並べてみました。家の売却を検討する際にはぜひ参考にしてください。

イエウールLP

国内最大級の不動産一括査定サイト
利用者数450万人超のイエウール

イエウールは登録不動産会社約1,200社、利用者数のべ450万人を超える国内最大級の不動産一括査定サイトです。

大手不動産会社も多数登録。悪質な業者は審査によって排除されているので安心です。

不動産一括査定サイトの中では比較的新しいサイトですが、登録されている不動産会社は一番多く、選択肢の多い点が魅力です。

 

HOMES4ULP

株式会社NTTデータが運営するHOME4U

HOME4Uは、株式会社NTTデータが運営する不動産一括査定サイトです。

一部東証上場企業であり、NTT関連の会社ですので安心感があります。国内初の不動産一括査定サイトで、15年以上の運営実績があり、信頼度は抜群です。

売却査定数も累計20万件を突破していて実績も申し分ありません。

 

イエイLP

最大6社分の査定書を即日取り寄せ
可能なイエイ

イエイは、運営歴8年以上、登録不動産会社数1,000社以上、利用者数300万人以上と実績としては申し分ない不動産一括査定サイトです。

「イエローカード制度」という制度があり、利用者から苦情の多かった不動産会社は登録を抹消されますので、安心度の高い点もポイントです。

 
 
ダメ出しをする不動産会社OL【ぶっちゃけ話】不動産会社に直接、査定依頼をしてはいけない理由
※業界内では言えない話しです。こっそりと読んでください。

 


PAGE TOP