家の売却をシュミレーションする方法について

家を売るための基礎知識

通帳と電卓とお金

売主さん
家の売却をシュミレーションする方法って無いのかな?

不動産会社に依頼をすれば、すぐにでもシュミレーションしてもらうことが出来るのですが、その前に自分自身でも一度シュミレーションしておきたいところです。

みさえ
この記事では、家の売却価格・不動産会社への仲介手数料・住み替えの場合の住宅ローンの返済など、自宅の売却を検討した際にシュミレーションをする方法をご説明します。

まずは、家の予想売却金額を知る

みさえ
家の売却のシュミレーションをするには、持ち家の評価額を調べないといけません。

シュミレーションする上で必ず知っておかないといけないことは、
「今、家を売却するといくらで売れるのか?」ということです。

ただし、家の売却価格は周辺環境の変化や時期によって異なりますので、
シュミレーターのようなツールで計算することは不可能です。

予想売却価格を知るには、不動産会社に査定してもらうしかないということです。

でも、シュミレーションをするのに、いちいち不動産屋に出向くのは面倒ですよね?

なので、ここではシュミレーションにネットの不動産一括査定サイトを使います。

不動産一括査定サイトとは、査定フォームに必要事項を入力して送信するだけで、簡単に査定依頼ができるサービスです。サービスは無料で利用できます。

複数の不動産会社に一括して査定の依頼が出来ますので、
売却価格の相場や、最高でどのくらいの値がつくかなどが一度で分かります。

 

家の売却シュミレーションに机上査定を使う

この不動産一括査定には、「机上査定」「訪問査定」の二つの査定方法があります。

訪問査定では、不動産会社の営業マンが実際に自宅に訪問して家の売却査定をします。ただ、売却価格をシュミレーションしたいだけの場合はこれでは少し面倒です。

なので、家の売却をシュミレーションしたい時には、「机上査定」を利用します。

机上査定であれば、必要事項を入力して送信するだけ。不動産会社が自宅に来ることもありません。

とはいえ実際の査定依頼をするわけですから、不動産会社からの営業の連絡は来ます。

売主さん
いきなり不動産会社から電話が来るのは抵抗があるんですけど。
みさえ
電話がわずらわしい場合は、査定フォームの備考欄に「メールでの返信希望」と書いておけはOKです。

机上査定と訪問査定の選択画面

おおよその査定価格が知りたい場合のシュミレーションには、この机上査定が非常に便利です。
⇒机上査定で家がいくらで売れるかシュミレーションしてみる

査定依頼をしたからといって、必ず家を売らないといけないものではありません。
査定価格に納得のいかない場合は、断るのはあなたの自由です。

ただし、査定価格を算出する上で不動産会社も人が動くわけです。

いくら無料で利用できるとはいえ、冷やかしや査定価格が知りたいだけという場合は、利用しないようにしてください。

あくまで、「出された査定価格が満足いくものであれば、売却を検討してもいい」状態のときに利用するようにしましょう。

 

不動産会社の仲介手数料をシュミレーション

みさえ
家の予想売却価格が分かったら、仲介手数料を計算しておきましょう。

家を売るときには、仲介をしてくれた不動産会社へ仲介手数料を支払う必要があります。

仲介手数料も小さな金額ではありませんので、一括査定によって算出された予想売却価格で売れた場合には、どのくらいの仲介手数料を払わないといけないかは、あらかじめ計算しておきましょう。

仲介手数料には、簡単な計算方法もあるのですが、
ここでは、仲介手数料をシュミレーションできるサイトを紹介しておきます。

不動産売買仲介手数料シミュレーション

住み替えの際の資金計画をシュミレーション

みさえ
住み替えの場合はローン残高などもしっかりと把握しておいてください。

住み替えなどの場合は、資金計画をきちんとシュミレーションしておく必要があります。

  • 家の売却予想金額
  • 自己資金
  • 現在のローンの残高
  • 新規購入価格

この4つの項目を、できるだけ正確に割り出すことで、
住み替えの資金計画は、より現実的なものとなります。

ここでは上記4つの項目から、

  • 必要となる借入金の目安
  • ゆとりをもって返済できる借入金額の目安

をシュミレーションできるサイトを紹介しておきます。

三井住友銀行:住み替え資金計画シミュレーション

また、毎月の返済額をシュミレーションできるサイトもあります。

みずほ銀行:住宅ローン返済額シミュレーション

みさえ
住み替えは、ゆとりをもった返済計画が大切です。しっかりとシュミレーションした上で資金計画を練りましょう。

まとめ 家の売却をシュミレーションする方法

いかがでしたでしょうか?

ここでは、家の売却をシュミレーションする方法をご紹介しました。

ただし、シュミレーターで算出される数字はあくまで仮定です。

実際の家の売却の際には、きちんと不動産会社にお願いして、より正確な数字をシュミレーションしてもらうようにしましょう。

⇒家を高く売るコツ.comトップへ

 

家を高く売るなら不動産一括査定

私が働いている不動産会社にも、不動産一括査定経由のお客さまが多くいらっしゃいます。

お客さまが口を揃えておっしゃるのが、

不動産会社によって査定価格が全然違う・・・

ということ。

中には極端に安く見積る会社もあって、「何も知らないであそこに売ってたら大変なことだった」と、ヒヤッとされるお客さまも。

そうならないためにも、家や土地などの不動産を売却するときには、必ず複数の不動産会社から査定をしてもらうことがとても大切です。

不動産会社の立場から言えば、直接お店に来店いただければ嬉しいところですが、査定依頼を1件1件不動産会社を回ってやっていくのは大変です。

好きな不動産会社を複数選んで簡単に一括で査定依頼ができる、不動産一括査定がやっぱり便利ですね。

そこで、不動産会社の登録が多く、使いやすくて安心できる不動産一括査定をおすすめ順に並べてみました。家の売却を検討する際にはぜひ参考にしてください。

イエウールLP

国内最大級の不動産一括査定サイト
利用者数450万人超のイエウール

イエウールは登録不動産会社約1,200社、利用者数のべ450万人を超える国内最大級の不動産一括査定サイトです。

大手不動産会社も多数登録。悪質な業者は審査によって排除されているので安心です。

不動産一括査定サイトの中では比較的新しいサイトですが、登録されている不動産会社は一番多く、選択肢の多い点が魅力です。

 

HOMES4ULP

株式会社NTTデータが運営するHOME4U

HOME4Uは、株式会社NTTデータが運営する不動産一括査定サイトです。

一部東証上場企業であり、NTT関連の会社ですので安心感があります。国内初の不動産一括査定サイトで、15年以上の運営実績があり、信頼度は抜群です。

売却査定数も累計20万件を突破していて実績も申し分ありません。

 

イエイLP

最大6社分の査定書を即日取り寄せ
可能なイエイ

イエイは、運営歴8年以上、登録不動産会社数1,000社以上、利用者数300万人以上と実績としては申し分ない不動産一括査定サイトです。

「イエローカード制度」という制度があり、利用者から苦情の多かった不動産会社は登録を抹消されますので、安心度の高い点もポイントです。

 
 
ダメ出しをする不動産会社OL【ぶっちゃけ話】不動産会社に直接、査定依頼をしてはいけない理由
※業界内では言えない話しです。こっそりと読んでください。

 


PAGE TOP