不動産会社はどのように広告・販売活動をするのですか?

家を売るQ&A

売主さん
家を売るっていっても、不動産会社はどのように販売活動をするのだろう?
みさえ
大切にしてきた家を売るのですから、不動産会社がどのような広告を出して、どのように家を売ってくれるかは気になりますよね?

この記事では、実際の不動産会社がどのような広告を出して販売活動を行っているのかをご説明いたします。

家を売るときに不動産会社が行う主な販売活動は4つ

みさえ
不動産会社によって行われる販売活動には以下の4つが代表的なものとして挙げられます。
  • レインズ(不動産流通機構)への登録
  • インターネット広告
  • チラシのポスティング・新聞折込広告
  • 店頭掲示・見込み客リストへの売り込み

レインズ(不動産流通機構)への登録

あなたが家の売却を不動産会社に依頼した場合、依頼を受けた不動産会社はあなたの物件の情報をまず、レインズ(不動産流通機構)へと登録します。

レインズとは、不動産会社向けのデータベースのことで、全国の不動産会社がレインズへ登録された物件の情報を元に毎日販売活動を行っているわけです。

不動産会社に、「この地域でこれくらいの条件の家を探しています」という買い手が現れた場合、「では、物件を検索してみますね」ということで、レインズの物件の中から条件に合うものをいくつか探して紹介します。

そして買い手が興味を持った物件があれば、その物件の売却を担当している不動産会社に連絡をして、実際の物件を買い手がチェックする「内見」などの具体的販売活動へ進んでいくのです。

みさえ
家を売却する上では、レインズへの登録は必須ともいえる重要な販売ルートです。

ちなみにレインズへの登録は、不動産会社と結ぶ契約内容によって「必ずする」のか「しなくてもよい」のかが変わってきます。

専任媒介という契約を結ぶと、不動産会社は媒介契約を結んだ日から7日間以内にレインズへの登録を必ずしなければいけません。

不動産会社と結ぶ契約内容については、媒介契約とは?専任契約と一般契約の違いを知っておこうの記事を参考にしてください。

インターネット広告

みさえ
家を買いたいという人は、インターネットを使って物件を探しています。ネット広告は家を売る上での重要な販売ルートです。

次に大事なのは、インターネット広告です。自社のホームページや不動産売買のポータルサイトに物件情報を掲載する広告の方法です。

家を買う層というのは比較的若い人が多いため、新聞や折込広告よりインターネットで情報収集をしています。

なので、

・at home(アットホーム)
・Yahoo!不動産
・HOME’S(ホームズ)

などの大手不動産ポータルサイト経由の問合わせは、かなり期待できます。

自ら物件情報を検索して探しているわけですから、家の購入はほぼ決定していてあとは条件に合ったものを探すだけという、購買意欲の高い買い手が見つけることができるのが、不動産ポータルサイトを利用するメリットです。

みさえ
インターネット広告は安くはありません。不動産会社にとってもけっこう負担なんです。

しかし、このような大手の不動産ポータルサイトを利用するには、費用もかなりかかりますので、業者によっては利用をしていないこともあります。

不動産会社を選ぶ際には、販売活動のひとつとして不動産ポータルサイトを利用するのかどうかを前もって確認しておきましょう。

不動産会社の選び方に関しては、この記事を参考にしてください。

参考 失敗しない不動産会社の選び方

 

チラシのポスティング、新聞折込チラシ

みさえ
紙媒体の広告も有効な販売活動のひとつです。

チラシのポスティングや新聞への折込チラシも、家の販売活動として比較的多く利用されている広告のひとつです。

実は家の買い手は近くにいる場合が多いとされています。
同じ区町村の範囲内に住む方が買う確率が非常に高いのです。

  • 住みなれた土地から離れたくはないが、もっと広い家に引っ越したい
  • 子どもが小学校に入学するので、評判のいい○○小学校の校区内に引っ越したい

などと思っている買主さんが意外と多いということです。

みさえ
こういった買主さんにアプローチするには、ポスティングや折込チラシは効果的です。

また、地域の資産家の方が、「ちょうど手頃な物件があったから息子夫婦のために購入する」などの思わぬ理由で買い手が見つかる場合もあります。

店頭掲示・見込み客リストへの売り込み

みさえ
不動産会社の持つ見込み客のリストに直接、電話やメールをして売込みをかける場合もあります。

不動産会社の営業マンは横のつながりがある場合が多いので、他の不動産会社の営業マンと連絡を取り、見込み客を探したりもします。

これは意外と強力な販売活動で、人脈の豊富な営業マンになるとかなり多くの見込み客を持っている場合があり、買い手をさらっと見つけてくることも少なくありません。

これが、不動産を売るときは営業マン選びが大事といわれる要因のひとつでもあります。

参考 よい不動産営業マンの選び方・見分け方5つのポイント

また、店頭に売却物件の写真等を掲示したりもしますが、正直なところ広告効果はあまり期待できません。

広告費は売主が負担するの?

売主さん
家を売るときにかかる広告費って売主が負担しないといけないの?
みさえ
いいえ、基本的にこれらの広告費は、全て不動産会社が負担をします。

家を売るときにかかる広告費は、原則として全て不動産会社が負担をします。

しかし、売主さん自らが広告の媒体を指定して掲載をしたいと頼んだ場合には、「広告費」として請求される場合もあります。

念のため、不動産会社と契約を結ぶときには、広告費はどちらが負担するのか初めに確認しておいたほうが安心です。

まとめ

家を売却するにあたって、広告宣伝活動というのは非常に重要なポイントです。

なかなか家が売れないな?と思っていたら、実は不動産会社がなにも広告活動を行ってなかったという例もあります。

どんな広告媒体に、どのように自分の物件が掲載されているかは、不動産会社にお願いして確認をさせてもらうようにしましょう。

⇒家を高く売るコツ.comトップへ

 

家を高く売るなら不動産一括査定

私が働いている不動産会社にも、不動産一括査定経由のお客さまが多くいらっしゃいます。

お客さまが口を揃えておっしゃるのが、

不動産会社によって査定価格が全然違う・・・

ということ。

中には極端に安く見積る会社もあって、「何も知らないであそこに売ってたら大変なことだった」と、ヒヤッとされるお客さまも。

そうならないためにも、家や土地などの不動産を売却するときには、必ず複数の不動産会社から査定をしてもらうことがとても大切です。

不動産会社の立場から言えば、直接お店に来店いただければ嬉しいところですが、査定依頼を1件1件不動産会社を回ってやっていくのは大変です。

好きな不動産会社を複数選んで簡単に一括で査定依頼ができる、不動産一括査定がやっぱり便利ですね。

そこで、不動産会社の登録が多く、使いやすくて安心できる不動産一括査定をおすすめ順に並べてみました。家の売却を検討する際にはぜひ参考にしてください。

イエウールLP

国内最大級の不動産一括査定サイト
利用者数450万人超のイエウール

イエウールは登録不動産会社約1,200社、利用者数のべ450万人を超える国内最大級の不動産一括査定サイトです。

大手不動産会社も多数登録。悪質な業者は審査によって排除されているので安心です。

不動産一括査定サイトの中では比較的新しいサイトですが、登録されている不動産会社は一番多く、選択肢の多い点が魅力です。

 

HOMES4ULP

株式会社NTTデータが運営するHOME4U

HOME4Uは、株式会社NTTデータが運営する不動産一括査定サイトです。

一部東証上場企業であり、NTT関連の会社ですので安心感があります。国内初の不動産一括査定サイトで、15年以上の運営実績があり、信頼度は抜群です。

売却査定数も累計20万件を突破していて実績も申し分ありません。

 

イエイLP

最大6社分の査定書を即日取り寄せ
可能なイエイ

イエイは、運営歴8年以上、登録不動産会社数1,000社以上、利用者数300万人以上と実績としては申し分ない不動産一括査定サイトです。

「イエローカード制度」という制度があり、利用者から苦情の多かった不動産会社は登録を抹消されますので、安心度の高い点もポイントです。

 


PAGE TOP