家を売却するタイミング。家が高く売れる売却時期について

家を売るQ&A

売主さん
家を売却するのにいいタイミングってあるのかしら?高く売れる時期ってあるの?

家を売却するタイミングは、なかなか難しいものです。

売りに出す時期によっては、買い手が見つかりにくかったり、売りに出すタイミング次第では売却価格に大きな差が付く場合もあります。

みさえ
この記事では、家が高く売れる時期や、売りに出すタイミングについてご説明します。

季節からみた家が高く売れる時期

みさえ
家には売れやすい時期と売れにくい時期があります。まずは、季節からみた家が高く売れる時期をみていきます。

1月~3月

冬から春にかけての1月から3月までが、もっともよく家が良く売れる時期といわれています。

やはり、職場の移動や転勤、子どもの入学などが大きく影響してくるためです。

この時期に家を売りに出すと不動産取引が活発ため、比較的早く買い手が見つかる場合が多いです。そのため、家が売れるまでの精神的負担も少ないといえます。

なかなか買い手が現れないと、イライラや不安が募ります。また、内見希望者がなかなか現れないと売却価格の値引きの検討をせざるを得ません。結果、家が高く売れないということになってしまいます。

時期的なものだけをみれば、この時期を狙って売りに出すのが正解といえるでしょう。

この時期に家を探している買主さんは本気度も高く、気に入った家を見つけるまでの期間も決まっていることが多いため、相場通りにすんなりと売れることも多くなります。

家を高く売る時期としては最適なタイミングといえるでしょう。

9月~11月後半

転居をするのなら年内に引っ越し、新しい家で新年を迎えたいという心理が働いているのでしょうか。

秋口となる9月から11月後半までの期間は、不動産は比較的よく動きます。

売れる時期、売れない時期の差が無くなりつつある?

みさえ
今は、あまり季節的な要因の差が少なくなっているように感じます。

たしかに、秋口から春先にかけてが不動産取引が活発になる傾向はあります。

ただ、不動産会社で働いている実感としては、「以前ほど季節要因の影響はなくなった」と感じることが多いです。

これは、インターネットの普及によるところが非常に大きいと思います。それだけ、売り手の物件情報が買い手に見つけやすい環境になったということです。

類似物件が少ない時期は、家を高く売るチャンス

みさえ
季節よりも、供給される物件が少ない時期が売りのチャンスです。

家を高く売りたいというかたは、一度インターネットの情報をくまなく見て回り、売却しようとしている家と同条件の物件がどれくらいあるのかを探してみてください。

売れやすい売れにくいというものは、需要と供給のバランスによって左右されます。

類似物件が市場に少ない時期であれば、供給よりも需要の方が多いと想定できます。似たような条件の売家が無いということは、買い手にとっては同条件の家が探しにくく、ある程度は売主の条件を飲まないといけません。

そのタイミングが売りどきであり、家が高く売れる確率が高くなる時期ともいえるのです。

築年数からみた家を売るタイミング

みさえ
家を売るタイミングを築年数からみるとすると、やはり税制面での優遇に気を付けておかないといけません。

短期譲渡所得と長期譲渡所得

不動産の所有していた期間が5年以下か5年以上かによって、譲渡所得への課税方法が異なってきます。

あと少しで所有期間が5年になるというときは、その時期を待って家を売却したほうが税制面で優遇されるということです。

5年以下だと、取得税・住民税を含めて39.63%、5年以上だと20.315%とかなりの違いがありますので注意してください。税金の差額分、家を高く売ったのと同じことになりますから。

家を売るときの税金については、こちらの記事を参考にしてください。

参考 家を売るときにかかる税金や適用される控除について

10年超所有軽減税率の特例

所有期間が10年を超える不動産を売却した場合には、特定の条件を満たす事によって、特定居住用財産の買換え特例を受けることができます。

みさえ
こうやってみると、築年数から家を売るタイミングは5年、10年がひとつの節目とも考えられます。

なお、所有期間の計算は、不動産を譲渡した年の1月1日となっていますので注意してください。家を売った年の1月1日に定められた年数を経過していないといけません。

住み替えという点からみた家を売却するタイミング

みさえ
住み替えでは「売る」と「買う」という二つの要素が関係してきますので、タイミングについては非常に難しくなります。

リスク軽減なら売りが先

みさえ
住み替えなら売り先行をおすすめします。

まずは自宅を売りに出し、売却が決定してから新居を探すという方法が一番堅実な方法です。

売却によって得られるお金の額も把握できるので、次の住居を購入するときの資金計画がやりやすいという点もポイントです。

ただし、家が早期に売却できた場合には、仮住まいを探さないといけないという難点もあります。

とはいえ、新居を購入してから家の売却を進めてはみたものの、買い手が見つからないという最悪の事態を防ぐことができますので、住み替えは売り先行を優先するのが一番リスクが少なくなります。

みさえ
売りを先行させることで売却期間にも余裕が出来ますので、家を高く売ることが出来る可能性が高くなるというメリットもあります。

買いが先なら損を覚悟する

みさえ
買い先行なら損切りは覚悟しておく必要があります。

新たに住む住居を見つけた上で家を売るのであれば、ある程度の損出は覚悟しておかなければいけません。

すぐに買い手が見つかった場合はよいですが、なかなか買い手が見つからない場合には、買取という手段を選ばないといけないかもしれないからです。

買取の場合は、相場よりもかなり低い売却価格になりますので、そのあたりは覚悟しておく必要があるでしょう。住み替えの場合に、少しでも家を高く売りたいのなら買い先行で家の売却を進めるべきではありません。

まとめ

正直な話、家が高く売れるかどうかは、時期やタイミングというよりも、買主さんとのめぐり合わせによるところが大きいです。

なので、少しでも出費を抑えるように、税制面などはしっかりと把握した上で、家を売却するタイミングを計るようにすることで、結果的に手元に残るお金を多くするということも考えておきましょう。

また、土地の価格でいえば、現在は下落傾向にあるといえます。(東京などの都心部以外)

あまり迷いすぎて売りに出すタイミングを失ってしまうと、思わぬ損出になってしまう場合もあります。家を売る計画があるのなら、まずは相場を知り早めに動く事も大切です。

一度は不動産会社に査定依頼をしてみて、現在の評価額がいくらくらいになるかを、事前に把握しておきましょう。

自宅から簡単に査定依頼ができる不動産一括査定サイトの説明は、こちらの記事で一覧にまとめていますので、参考にしてください。

【一覧リスト】不動産一括査定サイトランキングとメリット・デメリットなど

⇒家を高く売るコツ.comトップへ

 

家を高く売るなら不動産一括査定

私が働いている不動産会社にも、不動産一括査定経由のお客さまが多くいらっしゃいます。

お客さまが口を揃えておっしゃるのが、

不動産会社によって査定価格が全然違う・・・

ということ。

中には極端に安く見積る会社もあって、「何も知らないであそこに売ってたら大変なことだった」と、ヒヤッとされるお客さまも。

そうならないためにも、家や土地などの不動産を売却するときには、必ず複数の不動産会社から査定をしてもらうことがとても大切です。

不動産会社の立場から言えば、直接お店に来店いただければ嬉しいところですが、査定依頼を1件1件不動産会社を回ってやっていくのは大変です。

好きな不動産会社を複数選んで簡単に一括で査定依頼ができる、不動産一括査定がやっぱり便利ですね。

そこで、不動産会社の登録が多く、使いやすくて安心できる不動産一括査定をおすすめ順に並べてみました。家の売却を検討する際にはぜひ参考にしてください。

イエウールLP

国内最大級の不動産一括査定サイト
利用者数450万人超のイエウール

イエウールは登録不動産会社約1,200社、利用者数のべ450万人を超える国内最大級の不動産一括査定サイトです。

大手不動産会社も多数登録。悪質な業者は審査によって排除されているので安心です。

不動産一括査定サイトの中では比較的新しいサイトですが、登録されている不動産会社は一番多く、選択肢の多い点が魅力です。

 

HOMES4ULP

株式会社NTTデータが運営するHOME4U

HOME4Uは、株式会社NTTデータが運営する不動産一括査定サイトです。

一部東証上場企業であり、NTT関連の会社ですので安心感があります。国内初の不動産一括査定サイトで、15年以上の運営実績があり、信頼度は抜群です。

売却査定数も累計20万件を突破していて実績も申し分ありません。

 

イエイLP

最大6社分の査定書を即日取り寄せ
可能なイエイ

イエイは、運営歴8年以上、登録不動産会社数1,000社以上、利用者数300万人以上と実績としては申し分ない不動産一括査定サイトです。

「イエローカード制度」という制度があり、利用者から苦情の多かった不動産会社は登録を抹消されますので、安心度の高い点もポイントです。

 


PAGE TOP