シロアリ被害のあった家を売却するには?

ケース別家の売却方法

シロアリ被害の様子

最近の一戸建ては、「ベタ基礎」といって底板一面がコンクリートで覆われているため、シロアリの被害もそれほど聞かなくなりました。

しかし、昔は「布基礎」といって床下をみると地面があらわになっている基礎が多く、シロアリの被害がある家も多かったようです。布基礎は湿気がたまりやすいですからね、シロアリは湿気があるところが大好きです。

では、過去にシロアリの被害があった家を売却することは可能なのでしょうか?

結論から申し上げますと、「全然問題無く売却することが可能」です。

 

シロアリ被害があった家を売却するときの注意点

シロアリ被害のあった家の売却には何ら問題は無いのですが、ひとつだけ注意点があります。

それは、

シロアリ被害があったことを隠して売却しないこと。

です。

シロアリ被害や雨漏りなどがある場合、売主さんは買主さんに対して、「告知義務」という義務があります。売却予定の家の状態を正直に買主さんに伝える義務を負うということです。

この告知義務をおろそかにして、何も言わないまま家を売却してしまうと大変なことになります。売買契約が白紙になるのはもちろん、瑕疵担保責任を追及され損害賠償請求という可能性まであります。

家の売却を考えた際には、まず不動産会社に査定依頼をすることになると思いますが、その時には「過去にシロアリ被害を受けたこと」、「シロアリ駆除の対策の有無」などをきちんと伝えるようにしてください。

シロアリ被害があったからといって不動産会社が「こんな家売れませんよ」とは、けっして言いませんので安心してください。

一番悪いのはシロアリ被害を隠して売ってしまうことです。これだけは絶対にしないようにしてください。

 

シロアリ被害のある家の価値は下がる?

シロアリ被害があることを知ると、

  • またシロアリが出るのではないか?
  • 柱がボロボロになり家が傾くのでは?
  • 家の修復にお金がかかりそう

などの理由で不安になる買主さんは多いです。

当然のことながら、シロアリ被害を理由に売却価格にも値引きの交渉が入ります。浅築なのにシロアリにやられたという場合ならば、建物の査定は低くならざるを得ません。

しかし、一般的には、シロアリ被害のあるような家は築年数の古い一戸建てが多いです。築年数が古くなると、売却価格には建物の分はほぼ含まれませんので影響は少ないといえます。

地価が高い地域の物件であれば、シロアリ被害が査定価格に影響することなく、地価通りに高く売ることができます。

 

シロアリ被害のある家は土地のみとして売り出す

逆にシロアリ被害のある家を売却する場合には、土地のみとして売り出すのもひとつの方法です。

土地のみであれば、建物に関しては瑕疵担保責任を負う必要がありませんので、トラブルは少なくなります。必要なのは解体費用の交渉くらいでしょうか。

また、もし古家付き土地として売り出す場合には、瑕疵担保責任を負わない特約を付けてもらうようにしましょう。瑕疵担保免責にしておけば、家を引き渡した後に「シロアリが見つかった」と言われたとしても、責任を負う必要はありません。

しかし、これはあくまで「過去にシロアリ被害があった」と正直に告知している場合だけです。

瑕疵担保免責は、売主さんがその瑕疵を事前に知っていたのに隠していた場合には適用されません。責任を負う必要がないのは、その事実を事前に知らなかったときのみですので注意してください。

 

不動産会社選びは慎重に

このようなトラブルを抱えた物件を売却するときは、不動産会社選びは特に慎重にするようにしてください。

いいかげんな不動産会社を選んでしまうと、契約の際に瑕疵担保免責を付け忘れたり、買主さんへの告知を忘れていたり、散々な目にあってしまう可能性があるからです。

業界にいる私が言うのもなんですが、不動産業界の人間ってピンきりです。真面目すぎるくらい誠実な営業マンもいれば、「あなたそれは違うでしょ?」と呆れてしまうようないい加減な営業マンもいます。

引き渡した後にトラブルが極力起こらないよう、万全の配慮を持って対応してくれる不動産会社を選ぶようにしないと、売主であるあなたが苦労してしまいます。

そのためには、しっかりと複数社の不動産会社に売却の相談をして対応を見極めること。

シロアリ被害があるからといって、最初から横柄な態度を取る不動産会社には売却を依頼しないことです。こちらからの質問や不安に対してひとつずつ丁寧に答えてくれる不動産会社を探しましょう。

 

面倒な不動産会社探しは一括査定が楽ちん

不動産会社を探すにしても、いくつもの不動産会社を1件1件訪問していたら、時間がいくらあっても足りません。不動産売買はスピードも大切です。

そこで検討してほしいのが「不動産一括査定」というサービスです。

不動産一括査定とは、複数の不動産会社に一括して査定依頼ができるサービスで、申込みフォームの必要事項に条件を入力するだけで、ネットから簡単に査定依頼をすることができます。

申込フォームには備考欄もありますので、「過去にシロアリ被害がありました。大丈夫でしょうか。」と記入しておけば、そのあとの不動産会社の対応も分かります。

不動産一括査定では、登録される不動産会社には厳しい審査がありますので、悪徳な不動産会社というのは存在しないのですが、あくまで対応は営業マン単位ですので対応の良し悪しは分かれてきます。

不動産売買は数ヶ月という長い付き合いになります。特に家の売却が初めてという場合は、分からないことや不安だらけです。

きちんと信頼のおける不動産会社を選ぶことで、不安無く家の売却にのぞむことができるのです。

おすすめの不動産一括査定サイト

では、不動産会社勤務の私がおすすめする不動産一括査定サイトをご紹介いたします。

基準としては、

  • 登録されている不動産会社が他の不動産一括査定サイトより多い
  • 不動産会社を厳正に審査していて優良企業が多数登録している
  • 査定件数の実績が豊富で信頼性が高い

この3点を基準としておすすめしています。

 

イエウールLP

国内最大級の不動産一括査定サイト
利用者数450万人超のイエウール

イエウールは登録不動産会社約1,200社、利用者数のべ450万人を超える国内最大級の不動産一括査定サイトです。

大手不動産会社も多数登録。悪質な業者は審査によって排除されているので安心です。

不動産一括査定サイトの中では比較的新しいサイトですが、登録されている不動産会社は一番多く、選択肢の多い点が魅力です。

 

 

HOMES4ULP

株式会社NTTデータが運営するHOME4U

HOME4Uは、株式会社NTTデータが運営する不動産一括査定サイトです。

一部東証上場企業であり、NTT関連の会社ですので安心感があります。国内初の不動産一括査定サイトで、15年以上の運営実績があり、信頼度は抜群です。

売却査定数も累計20万件を突破していて実績も申し分ありません。

 

 

イエイLP

最大6社分の査定書を即日取り寄せ
可能なイエイ

イエイは、運営歴8年以上、登録不動産会社数1,000社以上、利用者数300万人以上と実績としては申し分ない不動産一括査定サイトです。

「イエローカード制度」という制度があり、利用者から苦情の多かった不動産会社は登録を抹消されますので、安心度の高い点もポイントです。

 
 
ダメ出しをする不動産会社OL【ぶっちゃけ話】不動産会社に直接、査定依頼をしてはいけない理由
※業界内では言えない話しです。こっそりと読んでください。

 


PAGE TOP