不動産一括査定の仕組みと失敗しないための上手な活用法

不動産一括査定サイトについて

不動産一括査定を利用し家の売却に成功して笑顔の女性

最近では、家やマンション、土地などの不動産売買の際に不動産一括査定を利用するかたが多くなってきています。

しかし、いくら便利なサービスとはいえ、住所や氏名など個人情報を入力して査定依頼をするわけですから、「騙されることはないのか?」「一括査定とはいったいどんな仕組みなのか?」など、色々と気になる点も多いと思います。

この記事では、不動産一括査定サイトの仕組みや上手な活用法についてご説明いたします。

 

不動産一括査定サイトの仕組み

不動産一括査定の仕組みはとてもシンプルです。

不動産一括査定サイトといっても、不動産業界の人間が運営しているわけではありません。あくまで不動産を売りたいというユーザーを集客するという役目を持っていると思ってください。

不動産一括査定とは、家を売りたい売主さんと不動産会社を結びつけるサービスだということです。

というのも、不動産一括査定サービスが普及する前は、家の売却を検討した際には、売主さんが不動産会社に自ら連絡して出向く必要がありました。

そうすると、どうしても最初に訪問した不動産会社に売買を任せることが多くなります。何件も不動産会社を回って比較するというようなことをしていなかったからです。

運よく最初の不動産会社が良心的な会社であれば問題はありません。

しかし、不動産会社にはグレーな部分がある会社も存在します。お世辞にも全ての不動産会社が良心的で優良な会社とはいえません。

そうすると、不動産会社の対応に疑問や不満を持ちながら家を売ってしまって後悔したり、悪質な不動産詐欺の被害にあってしまうことも一定数起こっていたわけです。

みさえ
不動産売買においてのトラブルを未然に解消するために、不動産一括査定というサービスが誕生したのです。

 

不動産会社は一括査定を利用するためには審査が必要

不動産一括査定サービスに不動産会社が登録しようとした場合には、運営会社の審査が必要です。

みさえ
事前審査で妙な評判があったり、悪質な不動産会社は登録できない仕組みになっています。

サービスを提供している会社としては、悪質な不動産会社を登録してしまってサービスの質を落としてしまうと、評判が悪くなりサービスを継続できなくなります。

ある程度の運営歴のある不動産一括査定サイトであれば、このあたりは徹底していますので、利用するユーザーは安心してサービスを利用できるということです。

 

運営の費用は不動産会社が負担

不動産一括査定サイトから査定依頼が来た場合、その物件の査定をするために、不動産会社は運営会社に対して一定の費用を支払う仕組みとなっています。

これは不動産会社があるエリアによって支払う料金が変わっていると思うのですが、私の働いている不動産会社では、査定依頼一件につき1万円程度の費用を毎回支払っています。

不動産一括査定では、一回の査定依頼につきユーザーは最大6社ほどを選べるようになっています。ということは、一回の査定依頼につき最大6万円ほどがサービスの運営会社に入ってくるという仕組みです。

この費用が運営会社の運営費用に充てられるため、ユーザーは完全無料でサービスを利用できます。

みさえ
不動産一括査定は、便利なサービスを無料で何回でも利用できるという、とてもユーザーフレンドリーなサービスなのです。

 

不動産一括査定の流れ

不動産一括査定を利用した場合の流れは以下のようになります。

サイトにアクセスし査定依頼フォームに必要事項を入力

不動産一括査定サイトにアクセスし、査定フォームに必要事項を入力します。必要事項とは、「築年数」「間取り」「土地面積」「建物面積」などです。

基本情報の入力が完了したら、いくつかの不動産会社がピックアップされますので、査定依頼をしたいと思う不動産会社を全て選んで「送信」すれば、査定依頼の完了です。

不動産一括査定の中でも大手の「イエウール」での査定の流れをこちらの記事で画面付きで説明していますので、よかったら参考にしてください。

⇒不動産一括査定サイト「イエウール」の使い方・査定のやり方を解説

 

不動産会社がピックアップされる仕組み

査定フォームに不動産会社がピックアップされる仕組みですが、

  • 不動産会社が希望とするエリアや物件条件をあらかじめ設定している
  • エリア内での実績がある不動産会社を運営側が抽出している

となります。

いずれにせよ、あなたの物件を売却するのに最適であろうと思われる不動産会社が自動的にピックアップされる仕組みになっています。

 

ピックアップされた不動産会社を選ぶ基準は?

ピックアップされた不動産会社を選択する基準ですが、大手不動産会社と中堅不動産会社をバランスよく選んでおくといいです。

大手だけを選んだり、中堅だけを選んだりという偏った選び方はあまりおすすめできません。

査定依頼をしてみると分かると思いますが、大手でも意外と査定価格が低かったり、中堅不動産会社であっても、対応、査定価格ともに納得できるということも多くあります。

なるべく多くの不動産会社(5~6社ほど)を選んでしっかりと比較をしましょう。

ワンポイントアドバイス

上手な査定依頼のやり方

不動産一括査定の方法として、簡易的な「机上査定」と、本格的な「訪問査定」という2通りの方法があります。

当然、正確な査定価格が算出できる「訪問査定」をするべきなのですが、5~6社から全て訪問査定をしてもらうには、時間も手間もかかります。

なので、最初は概算で査定価格が出せる「机上査定」を選んでおく。

その後、届いた査定書や資料、不動産会社の対応を比べてみて、最終的に2社ほど候補を絞って訪問査定をしてもらうという流れにしたほうが査定がスムーズに進みます。

 

査定依頼をした不動産会社から査定書が届く

査定依頼をすると数日後に各不動産会社から査定書が届きます。

これはメールで届く場合や、郵送によって送られてくる場合など各不動産会社によってまちまちです。

また、査定に関する内容を確認するために、不動産会社の営業マンから電話の連絡が入る場合もあります。

査定依頼フォームの中に電話連絡の時間を指定する欄がありますので、仕事中に電話が来ると困るなどの場合は、あらかじめ時間指定をしておきましょう。

 

査定価格になんで差が出るの?

各不動産会社によって査定の基準が違いますので、査定価格に数百万くらいの差が出ることもめずらしいことではありません。

ただし、高い査定価格にはワナがある場合があります。あなたと契約を結びたいがために、本来の査定価格よりもわざと高めの査定価格にしている可能性があるのです。

査定価格というものはあくまで「これくらいで売れるだろう」という予想価格です。極端に言えば査定価格なんていくらで出しても構わないのです。

査定価格の高さだけで不動産会社を選んでしまっては、後々後悔することにもなりかねませんので注意してください。

コツとしては、査定価格が一番高い不動産会社と一番低い不動産会社は疑ってかかること。

査定価格の根拠を聞いてみて、はっきりと答えてくれなかったら候補から外しておいた方が無難です。

 

一括査定後の不動産会社の選び方

査定依頼後の不動産会社の選び方ですが、

  1. 査定価格に根拠を持っている不動産会社を選ぶ
  2. こちらからした質問などへの返信が早い不動産会社を選ぶ
  3. 周辺物件の売買実績の豊富な不動産会社を選ぶ

この3点を押さえておけば大丈夫です。

 

査定価格に根拠を持っている不動産会社を選ぶ

不動産会社はお客さまに対して提示する査定価格に対して、根拠をきちんと説明しなくてはいけないという法律上の決まりがあります。

逆にいうと、根拠もない査定価格を出してきて上手く説明してくれない不動産会社は、法律違反をしているということです。

査定価格に対しての説明が上手くできない会社には、絶対に売却を依頼してはいけません。

 

こちらからした質問などへの返信が早い不動産会社を選ぶ

売主さんは、一生のうちに不動産取引のような大きな金額の取引をする機会はあまりありません。

そのため、初めての不動産売却にはさまざまな疑問や不安がつきまといます。

電話をしても折り返しが遅かったり、メールの返信を何日も放っておいたりする営業マンに不動産の売却を任せてしまうと不安だらけの日々を送るはめになります。

フットワークの軽い誠実な不動産会社を選ぶようにしましょう。

 

周辺物件の売買実績の豊富な不動産会社を選ぶ

やはり、豊富な販売実績がある不動産会社は信用できます。

できるだけ、あなたの物件の周辺の販売実績を説明してもらいましょう。できれば、どのように売り出して、どのように成約したかという状況まで説明してもらったほうがいいです。

実績の多い不動産会社であれば、きちんと答えてくれるはずです。こういった会社は、販売ノウハウの引き出しも多いため、信頼できる頼もしいパートナーとなってくれるはずです。

 

不動産一括査定サービスの選び方

では、いったいどこの不動産一括査定サービスを選べばいいの?ということになりますよね。

この点に関しては、「ある程度運営歴のあるサービスであればどこを選んでも変わらない」と思っています。大手であればどこもサービスが丁寧ですし、サービス自体にはあまり差がないというのが本音です。

まぁ、実際に仕事をするのは不動産会社なので、不動産査定サービス自体には差が付けにくいんですね。

ただし、登録されている不動産会社の数で使い勝手は決まってきます。

登録する不動産会社が少ないサービスだと、選択肢も少ない場合が多いです。最悪、査定依頼をする不動産会社が見つからない場合もあります。

なので、不動産一括査定を利用するときには、登録されている不動産会社の数が多い会社から利用していくというのが上手に活用するポイントとなります。

不動産一括査定サイトに関しては、こちらの記事で詳しく説明しています。登録されている不動産会社が多い順に並べていますので、参考にしてください。

⇒不動産一括査定サイトについてもっと詳しく知る

不動産一括査定サイトの良い口コミ、悪い口コミもまとめています。不動産一括査定サイト選びのさんこうにしてください。

不動産一括査定サイトを利用して家を売却した人の口コミや評判のまとめ

まとめ

不動産一括査定サービスというのは、ユーザーにとってはとても便利でありがたいサービスです。

ただし、不動産会社とユーザーをマッチングさせるだけのサービスですので、最終的に不動産会社を決定するのはあなた自身の判断となります。

そのため、ある程度は不動産取引の基礎知識を身に付けてから査定に挑んだほうが、失敗は少なくなります。

家を売るための最低限の知識を持った上で、自分自身の判断基準を明確にし、自信をもって不動産取引へ挑戦してください。

 

ダメ出しをする不動産会社OL【ぶっちゃけ話】不動産会社に直接、査定依頼をしてはいけない理由
※業界内では言えない話しです。こっそりと読んでください。


PAGE TOP